読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mind Lab / マインドラボ 活動報告ブログ

マインドラボは、ボードゲームを使って「生きる力」「考える力」を養う教育カリキュラムです。イスラエル生まれで、現在世界15カ国で教えられています。

淑徳小学校: 「クアルト」で新年度クラスがスタート!

 淑徳小学校(東京都板橋区)の放課後クラブ 淑徳アルファでのマインドラボクラス、新年度が始まりました。今年度は、2年生クラスと3年生クラスの2クラスを開講します。2年生クラスは初めてのマインドラボ。3年生クラスは、昨年度からの継続受講の児童が中心となっています。

 クアルトのゲームは、色・形・高さ・穴の有無の4つの特徴に注意をして、共通の特徴を持つピースを4つ並べたら勝ち、というゲームです。
f:id:mindlab:20140409161400j:plain

 1回めのレッスンでは、まずルールを覚えて、ゲームを楽しむことが最重要になります。マインドラボのクラスでは、対戦型のゲームでは必ず握手をしてゲームをスタートするということや、「勝ったからえらいというわけではない」ということなど、マインドラボの教室でのルールも説明します。

 慣れてきたら、行動をする前に立ち止まって考える、という習慣をつけてもらうために、「頭のなかで赤信号をつけなさい」という話をします。うっかりミスで負けてしまうことの多い児童は、「ぼく、ずーっと赤信号をつけてなきゃだめだ…」と言っていました。
 こうして自分の考え方の癖が見えてきて、それを言葉にすることができるようになってくることが、マインドラボの授業の大切なステップなので、まだ2回しか授業が進んでいませんが、新年度クラスとしてはとても良いスタートを切ることができたと思っています。