読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mind Lab / マインドラボ 活動報告ブログ

マインドラボは、ボードゲームを使って「生きる力」「考える力」を養う教育カリキュラムです。イスラエル生まれで、現在世界15カ国で教えられています。

栄光キッズカレッジ自由が丘校:「ウルフ・アンド・シープ」で「力を合わせること」を学ぶ

 栄光キッズカレッジ自由が丘校の小学生クラスでは、「ウルフ・アンド・シープ」をプレイしながら、「力を合わせること」「協力すること」について学んでいます。
 ウルフ・アンド・シープは、1匹のオオカミと4匹のヒツジで対戦するゲームです。4匹のヒツジをうまく協力して動かすとオオカミに勝てるゲームです(協力しないと決してオオカミには勝てません)。
f:id:mindlab:20131212163950j:plain
 だいぶヒツジで勝てるようになってきたところで、「ヒツジが勝つためには、何を気をつければいいのだろう?」とインストラクターが問いかけをして、「力を合わせることが大切」だということについて考えていきます。

 「力を合わせるとはどういうことか」「どういうときに力を合わせるといいだろうか」ということについてディスカッションを進めていきます。ホワイトボードに、出てきた意見をどんどん書いていきます。
f:id:mindlab:20131212164510j:plain

 「一人ではできないことも、力を合わせればできる」ということを、家や学校などの場面で考えてもらいます。
 学校での掃除や、「キャンプでテントを立てる時」など、子どもたちにとって身近な事例で意見がたくさん出てくると、理解が深まります。
f:id:mindlab:20131212171931j:plain

 「協力することで、一人でするよりも大きな成果を得られる」という抽象的な概念を、ゲーム「ウルフ・アンド・シープ」を媒介にして、実感してもらうことができると思っています。