読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mind Lab / マインドラボ 活動報告ブログ

マインドラボは、ボードゲームを使って「生きる力」「考える力」を養う教育カリキュラムです。イスラエル生まれで、現在世界15カ国で教えられています。

マインドラボ・おとな会 Vol.2 「リソースマネジメント」

おとな会

 11月13日(水)に、マインドラボ・おとな会Vol.2を開催しました。今回のテーマは「リソースマネジメント」。プレイするゲームは「ピロス」です。30個のボールでピラミッドを作り、最後の1個を置いたプレイヤーが勝ち、というゲーム。ギガミック社のゲームです。 PYLOS(ピロス) | CAST JAPAN inc.

f:id:mindlab:20131113211318j:plain

 

 最初にルールを説明して、さっそくスタートします。最初は、どんなふうにゲームが進むのかもわからないので、まずはやってみること。

 

 今回は、ワークシートもつけて、考えてもらいました。おとな会であっても、どんどん質問を投げかけて、「どうしてそう考えるのか」を発言してもらいます。「先番が有利か、後番が有利か」のディスカッションをしたり、戦略についての説明をしたりしながら、会は進んでいきます。

f:id:mindlab:20131113200147j:plain

 

 

 どんどん対戦相手を変えてやっていきます。勝っている人には、「どういうポイントについて考えているのか」というのを発表してもらいます。いろんな仮説も出てきて、それをその後の対戦で試してもらったり。戦略の研究にとても熱心なのは、おとな会ならではの光景な気がします。

f:id:mindlab:20131113210456j:plain

 

 

f:id:mindlab:20131113211627j:plain

 自分にとっての「リソース」とは何か?のディスカッションを最後に行いました。お金、時間、人脈、スキル…参加者のバックグラウンドもさまざまなので、多様なリソースがありそうです。この部分、もう少し時間をとってディスカッションをして深めてもよかったかな、と思いました。おとな会ならではの部分なので。Vol.3以降の課題としたいと思います。

 

 また、ゲームそのものとはすこし離れますが、最後に参加者の皆さんが名刺交換をされている様子を見ていて、こうしてまったく違うフィールドで働く人たちが、一緒に考えて、その後で繋がりができて、というのも、価値があるなあ、と思いました。
 ぜひ、Facebookやブログなどを通じて、参加者の皆様の間にも、新たな繋がりが生まれ、深くなっていくといいな、と思っております。

 Vol.3とVol.4を12月は2つまとめて企画運営しようと欲張って思っております。みなさんの忘年会の予定が入る前に、日程をご案内できるようにしたいと思います。